製品情報

隠しフォルダの表示方法

SketchUp2016ではプラグインフォルダが深い階層に存在します。
また、隠しフォルダの表示設定をしないとプラグインフォルダを表示できません。

Windows

プラグインフォルダは以下の階層にあります。
C:¥ユーザー¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥SketchUp
¥SketchUp 2016¥SketchUp¥Plugins
※ユーザー名は、お客様がお使いのパソコンでログインしているユーザー名を選択してください。

【Windows7での表示方法】

1.エクスプローラでツール>フォルダーオプション を表示します。

※ツールメニューはAltキーを押して表示してください。



2.表示タブの「ファイルとフォルダーの表示」にある「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択し、適用をクリックします。























3.隠しフォルダまたは隠しファイルが表示されます。
※アイコンが他と比べて薄く表示されます。






4.隠しフォルダは他の重要なフォルダも保護している機能です。
作業が完了したら、必ず元の設定に戻すようにしてください。
※2.の作業で、「隠しファイル、隠しフォルダー、または隠しドライブを表示しない」にチェックをして、適用をクリックします。

【Windows8/8.1/10での表示方法】

Windows8以上でお使いの方は、隠しフォルダの表示方法が異なります。

1.エクスプローラーの表示メニューをクリックします。
ウィンドウが開くので、「隠しファイル」にチェックをいれてください。








■Point■

ショートカットを作成しておくと、深い階層にあるフォルダに簡単にアクセスできます。
Pluginsフォルダ上で右クリックし、送る>デスクトップ(ショートカットを作成) を選択すると、デスクトップ上にショートカットフォルダが作成されます。
このショートカットフォルダをクリックすれば、Pluginsフォルダを開くことが出来ます。

Mac

以下のルートでプラグインフォルダを探すことができます。
MacintoshHD¥ユーザ¥ユーザ名フォルダ¥ライブラリ¥ApplicationSupport¥SketchUp2016¥SketchUp¥Plugins

1.Finderメニューでoptionキーを押しながら、移動>ライブラリ を選択します。
2.以下の場所に移動します。
ApplicationSupport¥SketchUp2016¥SketchUp¥Plugins