製品情報

Piranesi


Piranesiは、アーティストやデザイナー向けの「3Dペイントレンダリングシステム」です。
画像に記録されている奥行きや高さ・面の傾きの情報が自動認識され、
様々なペイント処理を行うことが可能です。

製品特徴

高速化対応

3D点景の影描画を含む配置スピードが、旧バージョン比で2倍-3倍、高速化します(※)。
その他、点景の移動、修正した際の処理速度をはじめ、フィルタ処理、ライト処理、反射処理など、全般的に高速化し、Piranesiの特長である、「対話的イメージ編集」がますます快適に行えます。
※PCの環境に依存します。


EPixカメラアプリの配信

iPhone、iPadや、Android端末専用の無料カメラアプリです。このカメラアプリで撮影された画像をPiranesiで読み込むと、地盤面が設定されたEPixファイルとして扱うことができます。これにより、実写データと、CGデータを合成するフォトモンタージュのイメージを作成しやすくなります。なお、機種、OSにより対応できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
(既存写真から同様にEPixを作成する場合は、従来通り、サポートサービス専用アプリFotografiaをご利用いただけます)

EPixカメラアプリで撮影されたJPG画像を、Piranesiのメニュー「ファイル/画像ファイルから新規作成」で取り込み(左図)、Piranesi上で女性の点景(167.6cm)を配置したところ(右図)。傾けて撮影しても、投影法が正しく認識されます。


フォトモンタージュに便利な機能追加

座標軸回転機能
前述のEPixカメラを活用した写真ベースのEPixには、投影情報が自動で入力されておりますが、建築CGモデル(3Dデータ)を合成するフォトモンタージュを作成する際に簡単に座標軸を合わせることが可能です。3Dモデルをパースに合わせるのが容易になるほか、3Dコピーを行う際に意図した箇所に矩形で囲み、編集することも可能です。

ドラッグして、座標軸の0度のラインを合わせているところ



3Dの点景としてモデルを読み込み、配置したところ。ただし、元写真にあった樹木などがはみでてしまっている。



3Dコピーツールを使い、元写真の地面タイルを矩形で選択し、樹木や、影などを消したところ。


点景機能の強化

マルチ点景機能の強化
指定した二点間の間をあらかじめ読み込んだ3D点景ファイルで敷き詰める機能が実装されました。テクスチャのみでは表現しづらかったスレート屋根の立体感の演出や、外構におけるブロック塀、フェンスなどの表現が可能となります。

スレート屋根の3D点景を矩形で囲んだエリアに対して、敷き詰めている様子。敷き詰める間隔は、X方向、Y方向に対して、自在にオフセット指定が可能です。

スレート面に、フェード機能でグラデーションをかければ、自然なハイライト効果を出すことができます。


PCF点景機能の追加
点景の位置情報を記録するPCFファイル自体を点景として読み込めるようになりました。この機能を活用すると、これまではできなかった以下の図のような2D樹木と3DのKCサークル点景を組み合わせたグループ点景として、スタイルに登録できます。なお、グループ点景なので、あとから分離することも可能です。


動作環境

Piranesi V6.2 動作環境 for Windows

OS Windows XP (32bitの場合はSP3以降、64bitの場合はSP2)、
Windows Vista SP2以降、Windows 7 SP1以降、Windows 8(いずれのOSも32 bit 及び64 bit)
CPU Pentium 4以上 (または完全互換のプロセッサ)
メモリ 1GB以上 (より快適な操作のために高速なCPUと大容量のメモリを推奨)
ハードディスク 1GB以上の空き
モニタ解像度 1024×768以上(32768色以上)
カラーパレット 65536色(16bit)以上(高解像度のTrueColourモニタを推奨)
Webブラウザ Internet Explorer 7.0以上
(3D点景のモデルデータダウンロード、ヘルプの表示に必要)
提供形態 パッケージ版(DVDメディア)またはダウンロード版
その他 ・DVD-ROMドライブ(パッケージ版の場合、必須)
・インターネット接続環境(ライセンス登録、建材メーカーのライブラリを利用する際に必要、クラウドタイプライセンスの場合は常時接続必須)
・e-mail送受信環境(ライセンス情報をお知らせする際に必要。携帯不可)
・PDFリーダー(説明書PDFの表示に必要)
・MSXML6(SP1)以上(Windows XP x64Editionのみ)
・Wintab互換タブレット対応

Mac版の取扱いはございません。
Mac版につきましては開発元にお問合せください。