製品情報

SketchUp Pro 2017

誰でも使用できる、直感的で楽しい3Dモデリング・ソフトウェア

SketchUpで作成できるモデルには無限の可能性があります。
リビングルームの模様替え、新しい家具の創作
Google Earthに表示する都市のモデル化など、あらゆるものをモデル化できます。


SketchUp Pro2017Jの販売を開始いたしました。
SketchUp Pro2017Jは、以前のバージョンよりグラフィック等の動作環境が高くなっています。また、Windowsは64ビットのみ対応となり、32ビットには未対応となりました。
ご購入の前に必ず動作環境をご確認いただき、評価版で操作性をお試しください。


動作環境

■Windows

対応OS Windows7
Windows8
Windows10
※64ビットのみ(32ビットには対応していません)
※VISTA以前のOSには未対応です。
必須ソフトウェア MicrosoftR Internet Explorer 9.0以上
.NET Framework version 4.5.2が必要です。
必須環境 インターネットへの接続環境
※インターネット接続環境がない場合は、ライセンス認証ができません。
推奨条件 2GHz以上のプロセッサ
8GB 以上のRAM
700MB以上のHDD空き容量
1GB以上のメモリを搭載した3D対応のグラフィクスカードでビデオカードドライバはOpenGL3.0以上に準拠していること。
また、ハードウェアアクセラレーションをサポートしていること。
3ボタンスクロールマウス
※ 条件を満たしていてもモデルのサイズによりSketchUpProが快適に動作しない場合があります。その場合にはマシンのスペックを上げて頂くようになります。

※ SketchUpのパフォーマンスはかなりの部分でグラフィクスカードに影響を受けます。グラフィクスカードはOpenGL 3.0以上に準拠している必要があります。
また過去の実績からIntelベースのグラフィクスカード(いわゆるオンボード)ではSketchUpが快適に動作しない可能性が高いと思われています。
オンボードマシンでのSketchUpProの使用に関わる不具合の場合はサポートできませんのでご了承ください。

最小条件 1GHz以上のプロセッサ
4GB 以上のRAM
16GB以上のHDD容量
500MB以上のHDD空き容量
512MB以上のメモリを搭載した3D対応のグラフィクスカードでOpenGL3.0以上に準拠していること。
また、ハードウェアアクセラレーションをサポートしていること。
3ボタンスクロールマウス
※ 条件を満たしていてもモデルのサイズによりSketchUpProが快適に動作しない場合があります。その場合にはマシンのスペックを上げて頂くようになります。

※ SketchUpのパフォーマンスはかなりの部分でグラフィクスカードに影響を受けます。グラフィクスカードはOpenGL 3.0以上に準拠している必要があります。
また過去の実績からIntelベースのグラフィクスカード(いわゆるオンボード)ではSketchUpが快適に動作しない可能性が高いと思われています。
オンボードマシンでのSketchUpProの使用に関わる不具合の場合はサポートできませんのでご了承ください。

■Mac

対応OS OS X 10.10 (Yosemite)
OS X 10.11 (El Capitan)
macOS 10.12 (Sierra)
※ 10.9以前のOSには未対応です。
必須ソフトウェア QuickTime 5.0以上
Safari
必須環境 インターネットへの接続環境
※インターネットへの接続環境がない場合はライセンス認証ができません。
推奨条件 2.1GHz以上のプロセッサ
8GB 以上のRAM
700MB以上のHDD空き容量
1GB以上のメモリを搭載した3D対応のグラフィクスカードでビデオカードドライバはOpenGL3.0以上に準拠していること。
また、ハードウェアアクセラレーションをサポートしていること。
3ボタンスクロールマウス
※お使いのマシンが快適に動いているということが絶対条件になります。
※条件を満たしていてもモデルのサイズによりSketchUpProが快適に動作しない場合があります。その場合にはマシンのスペックを上げて頂くようになります。
最小条件 2.1GHz以上のプロセッサ
4GB 以上のRAM
500MB以上のHDD空き容量
512MB以上のメモリを搭載した3D対応のグラフィクスカードでOpenGL3.0以上に準拠していること。
また、ハードウェアアクセラレーションをサポートしていること。
3ボタンスクロールマウス
※お使いのマシンが快適に動いているということが絶対条件になります。
※条件を満たしていてもモデルのサイズによりSketchUpProが快適に動作しない場合があります。その場合にはマシンのスペックを上げて頂くようになります。

■サポートしていない環境

  • Linux
  • VMWareのやCitrixなどの仮想化環境
  • Boot Camp
  • Parallels
  • Windows Vista以前
  • MacOS X 10.9以前

SketchUp2017新規能

■X線不透明度の設定

透明度設定が大幅に改善され、より早く高品質で表示ができるようになりました。
スタイルウィンドウの面設定で、透明の質を高品質に設定するとX線不透明度を数値設定できるようになりました。
この設定はLayOutにも反映されます。


■3DWarehouseの進化

3DWarehouseのパフォーマンスが向上し、自由にオービット回転ができるようになりました。


■拡張機能マネージャー

拡張機能マネージャーはプラグインの管理を行います。
拡張機能のデジタル署名も表示され、利用しているプラグインの品質とセキュリティの基準も表示できるようになりました。
プラグインを一時的に無効にしたり、アンインストールしたりすることも簡単に行えます。


■推定機能に「面に垂直」が追加

任意の角度の面から線ツールでエッジを描画するとき、その面に垂直なラインを描画できるようになりました。


■LayOut:エクセルのデータをインポート

エクセルのデータを挿入できるようになりました。ファイル形式は、xlsx、csv、tsvです。
挿入された表が変更された場合は更新することも可能です。
表ツールを使用して表を作成することもできます。